ナイツロードの制服

f:id:chicken0220:20181207161447p:plain

1.ナイツロード式汎用型戦闘制服について

 最も多くの団員が着る汎用的な戦闘制服がこれである。

 ナイツロードの装備品には、特定の知識(特に魔術関連)を持たねば危険なものもあるが、この汎用型に関してはそういうことへの配慮は特にない。

 特徴としては、物理的な面に特化している、ということだろうか。

 この汎用型には、魔術的な処理は非常に簡易的ものしか施されておらず、オリジン的なものへ特化した作りになっている。つまり、物理的に単純に頑強な作りとなっている。素材も魔術に対して、なるべく意味を持たないようなものを使う配慮がされている。

 というのも、魔術に長けていないものが、高度な魔術処理が行われた装備を着ていると、敵の魔術師に利用されるケースが見られたためだとか。

 

2.魔道装甲事件

 もう少し詳しく話すと異暦40年代のパンタシア界陸にて、魔道装甲という強化外骨格のような着用型の魔道具が開発されたとき、戦闘員の確保のために魔術適正の低いものにもこれが宛がわれた。実装直後はそれなりの成果を出したが、事件はすぐにおきた。

 その事件とは、魔道装甲の存在を感知したVICE側の魔術師による術式の書き換えが行われたことだ。魔術の適正が高いものはレジストすることができたが、そうでないものは、魔道装甲の支配権を乗っ取られ、味方同士で殺し合いをさせられたのだ。

 魔道装甲事件のような事例は滅多にないが、他にも例を挙げておくと、暖房のための温風を出す魔道具から灼熱の吐息が噴出す事例や、空気中の水分から水をとりだす魔道具でミイラがいくつかできたということも確認されている。

 魔術とは世界の数だけ、仕組みが存在しており、あらゆる世界が融合し続けるユースティアでそのすべての魔術に対抗することは、実質不可能であり、魔術の素人に高度な魔道具を持たせることは、大変危険なことである。

 そういう経緯もあり、ナイツロードの汎用型戦闘制服においては、高度な魔術処理はおこなわれていない。行うにしても、制服の状態を保つ『保護』の術式や魔術を退ける『退魔』の術式、それくらいのものだ。

 

3.着心地

 単純な着心地だが、まず、重い。

 異能者がつけることを想定しているため、軽さより頑丈さが重視されている。武器や装備をつけていない状態でも、30kgを余裕で超える。

 これに加えて追加の装甲をつけるものや、鉄の塊のような巨剣を持つものもいるため、人によっては1tを軽々超える装備を涼しい顔で持つ者もいるというのだから、恐ろしいこって。

 次に動かしやすさだが、これは重さが気にならなければ大丈夫だとか。

 アウター部分は特殊な合金の繊維が編みこまれており、しなやかながら強靭性を保っており、動きへの阻害はあまりない。

 インナーも伸縮性があり、着用者の体にあわせたつくりになるため、問題はないという。

 次に通気性は、あまりよくない。

 蒸れると評判である。特に獣人には不評。

 そういった人は、インナーを変えてみるなどして工夫しているとかいないとか。

 

4.加工

 着用者が使いやすいように技術者に頼んでの改造が許可されている。

 形状や素材、また魔術式の追加などもあるていど可能である。

 ただ、魔術周りに関しては適正試験を通過する必要がある。とはいっても、魔術師用の制服があるので、ほとんどはそちらを使うのだが。

 

 

オリジン

 物質的異能『オリジン』

1.オリジンとは
 端的に言えば、生物が持つ物質(要するに血肉のこと)が、他の物質に影響を与える能力、ということになる。
 例えば、生物の形質、道具の作成および使用する技術、武術による身体動作の効率化など、物理法則に則って起こり得る全てが『オリジン』に当てはまる。

2.先天性オリジン
 生物は種族ごとに様々な形質を持つ者がいる。毛が生えた哺乳類や鱗やヒレを持つ魚類、翼を持つ鳥類、枝葉がある樹木など、その特徴は多岐に渡る。
 これらの特徴は、生物が適者生存の理の中で残してきたものである。
 そういった進化の過程で得られ、生まれながらにして持ちえる生物の特徴を『先天性オリジン』という。

3.後天性オリジン
 生物は生きていくうえで、少なからず効率化を行う。
 特に人間はその最たる者で、物理法則を巧みに組み合わせ、目的の結果を導きだす様々な技術を発展させてきた。
 そういった知識の蓄積で、体得できるものを後天性オリジンという。

4.オリジンの区別
 上記で先天性と後天性のものがあると述べたが、末期のユースティアでは、この区別の仕方は難しくなっている。
 科学の進歩により、後天的に種族毎の形質を組み込むことが可能であるため、先天性、後天性というのはあまり使われなくなってきている。
 また、エフェクトやウルティマなどの物理法則を超越した異能との関係上、単にオリジンであるとすることも難しくなってきている。
 であるため、現在のユースティアでは、肉体のみでも可能な能力のことをオリジンとすることとなっている。逆に肉体のみで可能ではない能力は、エフェクトやウルティマなどの区分になってくる。

世界と界層

 

1.様々な世界達
 【幻獣次元】には様々な世界が存在している。大きな世界や小さな世界、魔導の世界、機巧の世界、大海の世界や、天空の世界などだ。
 全ての中心点であり、次元の調和をとる【幻獣世界】と【六元界】。【六元界】から派生していく【下界】。
 これらは樹木が枝を分けるように分岐していく。
 また、分岐した世界は、上位の世界を原型として作られた劣化コピーのようなもので、似通った性質を持つ。

2.界層
 世界の位を分ける基準として【界層】という基準がある。
 世界に住まう存在の状態により、【第一層】【第二層】【第三層】【深層】の四つに区別される。

【第一層】
 物質的な世界で魔法や超能力などの超自然的な能力が存在しない世界。

【第二層】
 魂の力による異能の力が発現した世界。魔法や超能力など精神力による物質干渉が見られる。

【第三層】
 存在の力が発達し、世界の法則を超えるモノが発現された世界。
 世界を構成する因子である【ソムニウム】や【イグスティウム】への直接的な干渉が行われる。
 【六元界】や【ソムニウム】が増した【下界】がこれにあたる。

【深層】
 全ての世界の中心に存在し、次元の核として機能する世界。
 【幻獣世界】や末期の【ユースティア】がこれにあたる。

3.時の流れ
 強い因果を持つ世界ほど、時間の流れ(とここでは定義しておく)?は緩やかに進み、その逆の因果が弱い世界は早く進む。
 下位の世界が上位の世界の因果に追いつくためだとされているが、定かではない。
 【深層】を1とすると、【第三層】は100、【第二層】は10000で、【第一層】は1000000程度の差が出るとされる。

 

異能

   異能力

1.生物のあらゆる能力
 生物は因果を調整するために、生と死を繰り返すことが世界により、仕組まれている。
 しかし、度重なる生と死の積み重ねにより、生物は死に抗おうとする性質を持ち始めた。
 生存に適する様々な能力の獲得により、種や個体レベルでの生存率は、次元全体で増加する傾向にある。
 生物が命を繋げるための変化、いわば進化というものである。
 本来、世界に規定されていなかったそれらの進化した能力のことを、【異能力】と呼び、それらは大きく五つに分けることができる。

2.五つの異能
 世界には、いくつかの位階があり、その位階に当てはまる様々な種族が住んでいる。

物質の異能【オリジン】
 最も原始的な異能であり、全てのベースとなり得る。

魂魄の異能【エフェクト】
 個体の精神力を糧に、その心の有り様を現実化する異能。

真理の異能【ウルティマ
 世界の理を利用し、世界に起こり得る現象を再現する異能。

存在の異能【イグジスト
 世界の理から逸脱した存在が、世界にはない、個体独自の法則を当てはめる異能。

創世の異能【アルケー
 世界の創世も破壊も意のままに行うことができる究極の異能。

 

いきもの

   意志ある者達

1.調整者としての生物
 【次元喰らい】出現以前、いわゆる生物という個体は、両手の指の数にも満たなかった。それで世界のバランスは保たれていたからだ。
 しかし、【次元喰らい】の出現により、世界は分裂し、細々な世界にそれぞれの意志ある生物が誕生することとなった。
 それは【ソムニウム】と【イグスティウム】のバランスを調整し、次元の調和を保つためである。いわば、調整者としての役割がある。
 生物は少なからず、【ソムニウム】や【イグスティウム】を保有することができるため、極端に集中することを防ぐことができる。
 また、【イグスティウム】の破壊の力を逆手にとり、死という概念が創られた。これにより、集まった【ソムニウム】を分散させ、【イグスティウム】の集中、つまり【次元喰らい】の復活の阻止に効果的なものとして創られた。

2.意志ある者
 自らの意志を持ち、様々な有り様を見せる生物は、おおよそ三つの段階から成り立っている。

【肉体】
 物質的な物を指す。超自然的な反応は起きず、肉体のみでは、物理法則の域を超えない。
 生物にとって、世界に影響を与えるための手段として、最も安易な物である。
 肉体を持つことは、自身を保つために、非常に優位である。
 
【魂魄】
 精神力により、超自然的な力を表すモノ。
 世界そのものと繋がり、世界が持つ特異な力を引き出すこともある。

【存在】
 そのものがそれであるという概念的なモノ。
 【ソムニウム】や【イグスティウム】の集合体が、ある一つの形として成り立っているのが、存在というべきものである。
 認識することされることによって、その存在が形作られているとされる。

 生物はこの三つの要素を持っており、その例外はない。
 一見、歪な状態で生まれたとしても、これら三つの要素が相互に作用し、バランスが取られるとされている。

4.種族と位階
 三つの要素から、生物は成り立つと言ったが、種族によってどの要素を核として、生存しているかが違ってくる。
 この【幻獣次元】においては、大きく分けて、四つの種族が生息している。

【神族(デウソイド)】深界層
 創造主と同種の力を得た者。血肉、魂を保有せずとも問題がない。
 万物を創り、破壊する力「アルケー」を扱える。

【天族(トランソイド)】第三界層
 超越存在。血肉、魂に縛られない。存在を根源とする。
 自らの存在を核とし、ソムニウムを特定の形に変える異能力「イグジスト」を扱える。

【魔族(デモニロイド)】第二界層
 魂魄依存体。血肉を超越し、魂を存在の核とする。
 結晶系、霊体系、血溶系の三つに分類されることが多い。

【地族(アースロイド)】第一界層
 肉体依存体。血肉に縛られた存在。

 地族と魔族に関しては、特定の肉体と魂魄の構造を持った、同一的なものが多い。
 それに対し、天族と神族は、下位の種族の特徴を持つものの、一個体だけの固有種となっている。
 

ソムニウム、イグスティウム

   世界を構成する因子

1.創世因子【ソムニウム】
 幻獣次元において、あらゆる世界は創造主のカケラである【ソムニウム】により、構成されている。
 人間、動物、空気や水、有機物や無機物、概念や想い、あらゆるものがそれにより形作られる。
 万物を構成するものであり、次元全体の量から増加も減少もしない。

2.集中する【ソムニウム】
 【ソムニウム】が一つの存在に集中すると、その者は世界に影響を与える存在となり得る。
 例えば、魔法や超能力などの超自然的な能力を持つ者や、新たな技術の開発者などは【ソムニウム】の保有量が高い。
 保有量が高ければ、与える影響が大きく、他からの影響を受けにくくなる。逆に保有量が少なければ与える影響は少なく、他からの影響は受けやすくなるということである。
 また、【ソムニウム】は濃度の高いモノに引き寄せられる特性(創造主自身が自己を修復するためか)があり、濃度の高いモノがより【ソムニウム】を蓄えることになる。
 
3.壊世因子【イグスティウム】
 何故【ソムニウム】に引き寄せ合う特性がありながら、全ての【ソムニウム】が一つにならないのかというと、これには【次元喰らい】から放出されている【イグスティウム】が関わってくる。
 主な特性として【ソムニウム】の引力を打ち消し、拡散させる能力がある。 これにより【ソムニウム】の集合体、つまり世界の破壊が行われている。
 【六元界】と【幻獣世界】とで上手くバランスを取っていたが、ほとんど破壊されてしまったため、次元全てが終末に向かっている。

ユースティアに至るまで

毎週金曜夜21時を目安に設定を少しずつ投げていきます。

 

 

1.創造主
 外次元の存在である創造主は、完全なる無から新しい次元を創った。
 創造主は始原世界を創り上げ、その世界で永い眠りにつく。
 始原世界は創造主が眠りにつくために、創られた小さな世界であり、完全な調和が保たれていた。そこでは、わずか六体の獣【六界獣】が住まうのみで、争いも無く、平和で豊かな暮らしが続くかと思われた。
 しかし、外次元から突如として現れた【次元喰らい】により、始原世界は崩壊し、創造主自身も粉々に砕け、幻獣次元にそのカケラ【ソムニウム】が散らばった。
 このまま、全てが喰らい尽くされようとしていたが、【六界獣】達がそれを食い止めた。
 彼らは【ソムニウム】を束ねてそれぞれ一つずつ、合計六つの世界【六元界】と化して【次元喰らい】を六つに分けて封印した。
 【六元界】は始原世界の残骸から生まれた【幻獣界】を中心として、【ソムニウム】を循環させ始めた。

f:id:chicken0220:20181026210910j:image

2.六元界
 創造主のカケラと【次元喰らい】のパーツで創られた世界は、その陽と陰とも言える力の影響で、不安定な世界となってしまった。
 始原世界と比べ、相反する力の渦により膨れ上がった世界はその規模を増し、様々な様相を示した。
 【六元界】は成長し、その枠からはみ出た部分が、別の世界を生み出し、その世界がまた別の世界を生み出した。
 それらの数多の下位世界が自然に生まれては滅ぶことを繰り返し、循環は行われた。
 これにより全ての世界達の調和を得ることに成功したかと思われた。
 しかし、世界を故意に滅ぼし、次元の均衡を乱すもの達が現れ始めた。
 その中でも最も際立っていたのが、次元侵略集団【VICE】である。

3.VICEによる世界破壊
 世界を形作るエネルギーそのものである創造主のカケラ。それが過激に集中すれば、【次元喰らい】の覚醒に繋がり、次元崩壊への道となる。
 そのことを知ってか、【VICE】はあらゆる下位世界が破壊され、【六元界】の破壊に繋がり、やがて【幻獣世界】の破壊すら為された。
 それらを構成していたほぼ全ての【ソムニウム】と【次元喰らい】のパーツが、【六元界】の一つである【ユースティア】に集中し、巨大で歪な世界へと姿を変えたいった。

4.終束世界ユースティア
 膨大なエネルギーと崩れたバランスにより、【ユースティア】は急激な変化を遂げていた。
 他の世界との道【ゲート】の度重なる出現や、人類の急激な進化。
 それらは【次元喰らい】がやがて覚醒する予兆に過ぎず、全てが無に帰ろうとしているのだ。